So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

エプソン EP-807AB [プリンタ・パソコン周辺機器]

以前にエプソンプリンタに乗り換えると書いたが、今回は、そのエプソン EP-807AB とこれまで使っていたキャノン MG6330 を使い比べた評価をおとどけする。
最初に記載しておくが、キャノン MG6330とエプソン EP-807AB の外形寸法(幅×奥行×高さ)は、
Canon MG6330:約466mm×369mm×148mm、
EPSON EP-807:約390mm×341mm×141mm、となっている。

エプソンEP807 それぞれのモデルの発売時期がことなるので一概に比較することはできないのだが、エプソンプリンタを開封してまず驚いたことは、そのサイズだ。奥行きや高さは大きく変わらないものの、この7cmちょっと狭い横幅のおかげでかなり小型に見える。実際に目で見て比較すると、この数値以上にキヤノンとの差は大きい。このサイズで背面給紙も備えているのだから、本体サイズだけで比較すれば、エプソンの圧勝だ。
ただ、キヤノンにもアドバンテージはある。それは印刷時の静音性だ。キヤノンも旧製品よりも現行製品のほうが印刷時の音がうるさい場合もあるのだが、それでも今回のエプソンプリンターよりはかなり静か。おそらくは、どのメーカーも小型化と静音の両立は難しいのだろう。少なくとも私が使ってきたプリンターでは、本体が小さくなればなるほど、印刷時の音や振動は大きくなってしまう傾向にあった。とは言え、エプソンも一定基準は当然満たしているわけで、エプソンプリンタだけをずっと使っているユーザーは特別うるさくは感じないはずだ。
印刷時の準備動作はエプソンのほうがスムース。特に直近で使っていたキヤノンMG6330は潜在的な問題をいくつか抱えていて、印刷準備にも異常に時間がかかる時がある。MG6330が印刷を終える間に近所のコンビニまで行ってコピー機を使ってきた方が早いんじゃないかと思えるくらいにイライラすることもあるのだ。それ以外にもインクの消耗の問題や「B200」エラーが頻発することなどをあわせて考えると、MG6330は不具合を内包した失敗作と言える。

EP807EP807

エプソン EP-807AB の話に戻るが、前の記事でも触れたが、今回、このプリンタを選んだ理由は、背面給紙を備えているからだ。キャノンも今年2016年のモデルでは、久々に背面給紙を復活させたモデルもあるが、ここ最近までのインクジェット複合機では背面給紙を廃止していた。
背面給紙を備えていることで選んだエプソンだが、EP-807AB の背面給紙は、一枚ずつしか給紙できない。前面の二段トレイに普通紙とハガキ(あるいは写真用紙)の二種類の用紙をセットして使い分けられるので、背面給紙は一枚ずつでも今のところ不自由さは感じない。
印刷品質は、個人的な感想になってしまうが、昔から言われていたことと変わっていない。あいかわらず、写真はエプソン、文字原稿はキャノンといった感じだ。写真や画像は、エプソンのほうが柔らかく鮮やかに出るのだが、企画書の類や私がよく印刷する楽譜などはキャノンのほうがくっきり出る印象だ。となれば、おのずとユーザーによって購入すべきプリンタは決まってくると思う。
コピー時の違いだと、キャノンは原稿の左上をあわせて原稿台に乗せるのに対して、エプソンは、右下隅をあわせる必要があるので最初は何枚か失敗してしまった。印刷倍率もマニュアルで任意倍率に合わせる設定がキャノンのほうがすっきりしていて、キャノンに慣れている私には、これも最初は思い通りにコピー出来なかった。ただ、これは設定項目の問題というよりも、操作パネルの液晶表示がエプソンのほうが私には見えづらかったせいだ。排紙トレイが電動で収納される機構はとても面白いが、機械的な駆動部分が多いと故障の原因になるのではないかと少し心配になる。
スマートフォンからプリントするためのアプリの出来映えも含めて、総じてエプソンプリンタのほうが楽しいと感じるが、キャノン製品がまともであるならば、ビジネス用途ではキャノンを選ぶかも知れない。しかし、多少の不具合なら売り切ってしまえという姿勢を受け入れるわけにはいかないのだ。このブログは、ステマやキュレーション記事ではないのですべての製品、サービスに対して平等に純粋な個人的評価を今後も記載していきたい。

モバイルバッテリー PQI PB113 [携帯電話/PHS/モバイル]

pqiPB113pqiPB113

Amazonなどでもモバイルバッテリーはよく特価販売されているが、 NTT-X StoreでPQIのモバイルバッテリーが送料込みで1200円と安かったので試しに購入してみた。
1000円台で購入できるモバイルバッテリーは、前回の記事のように当たりハズレが大きいのだが、PQIの製品だからひどいことにはならないだろう。
NTT-Xストアでの製品名は、「モバイルバッテリー Power 5200M PB5MWH」となっていたが、メーカー型番は「PQI Power 5200M PB113」だと思う。内箱の透明ケースが割れていたのでわけあり品だったのかも知れない。サイズはいつも使っている「Energizer XP8000」より一回り小さいだけだが重量155gなので「Energizer XP8000」よりはだんぜん軽い。

pqiPB113pqiPB113

特徴は、充電用のケーブルが内蔵されていること。lighningコネクタとmicroUSBコネクタの両ケーブルが用意されているので、iPhoneにもAndroidスマホにも充電するのに別にケーブルを用意する必要がない。lightningコネクタタイプのケーブルはバッテリー本体に直づけだが、microUSBタイプのケーブルは本体から取り外して出力用にも本体の充電用(入力)にも使用できる。

pqiPB113pqiPB113

ケーブル長が短く曲がりづらいので取り回しはあまりよくないのだが、ケーブルを別に用意しなくても充電できる安心感はある。容量は5200mAh、出力は今では一般的となった5V 2.1A。入力も5V 2Aなのでバッテリー本体を満充電するまでの時間も3時間半程度ですんだ。このバッテリー本体が満充電になるまでの時間が僕には重要なのだ。最近はモバイルバッテリー自体もQuick Charge対応製品があるが、今回購入した製品は未対応。残量表示のLEDランプは、四段階あるので容量の把握もしやすい。なかなか使いやすい製品でこの価格なら十分満足。

モバイルバッテリー(エマージェンシーチャージャー) [携帯電話/PHS/モバイル]

スマートフォンの普及でモバイルバッテリー(エマージェンシーチャージャー)も一般ユーザーが当たり前のように使うようになった。低価格の製品も多いが、なかなか安定して使える製品は少ないようだ。携帯電話やデジカメのバッテリーを充電するマルチ充電器が中国製品であふれかえった時のことを思い出してしまう。初期不良というよりは、最初から当たり外れを覚悟して購入しなくてはならないような粗悪な製品が多いのだ。
2015084-smart ways.JPGわりと最近、Amazonで購入してダメだったバッテリーを二つほど紹介する。
smart ways製「SW-MB06-BK」、容量10,000mAh、出力:DC5V 2.1A、入力:DC5V 1A。それなりに使えるのだが、丸一日、本体を充電しても100%の満充電にならず。だいたい、いくら本体の容量があっても、入力が1Aでは、本体の充電に十数時間も必要で実用的ではないと感じている。日常的に毎日使用する製品だと考えた時に、一晩寝ている間に満充電にならないというのは、本体容量がいくら大きくても無駄としか思えない。旅行用途に携行するとしても丸一日かけないと満充電にならないような製品はどうかと思う。
容量6,000mAh程度で入力2Aというのが個人的にはベストなのだがこの程度のスペックの製品はごく限られてしまう。スマホ2台、タブレット1~2台、ノートパソコン、デジカメ、モバイルルータにiPodと荷物が多いのだが、一度にすべて電池切れというケースはほとんどないので、この程度の容量が使い勝手がいいのだ。

2015085-aukey.JPG2015087-aukey.JPG

最近、やはりAmazonで購入したのは、Aukey製「PB-N32」というモバイルバッテリー。バッテリー本体への入力端子が一般的なmicroUSBではなくて、iPhoneなどアップル製品でおなじみの lightning端子になっている珍しい製品だ。容量が6000mAh、出力:5V/2.4A、入力:5V/2A と希望するスペックを満たしている。先ほどのsmart ways製品が254gに対して、このAukey製品は136.5gと本体重量も軽量。
ところがだ…本製品を充電して翌日使おうと思うと空になっているのだ。自然放電するにしてもこれはひどい。Aukeyのサポートに連絡したが、この製品はすでに販売をやめたようで返金扱いになった。
ちなみにAukeyサイトなどに記載のサポート宛てアドレスにメールしても、日本語だろうが英語だろうが正常に届かないことがあるようなので、サポートと連絡がとれないユーザーはAukey のFacebookページから日本のサポートに連絡するとよい。

2015086-Energizer XP8000.JPGEnergizer XP8000 ACアダプタ

結局、今も使っているモバイルバッテリーは、何年も前から使っている日本トラストテクノロジーの「Energizer XP8000」なのだ。2012年12月のブログ記事でも紹介しているが容量8000mAh、出力電圧が 19V(2A)、10.5V(1.5A)、USB 5V(1A)と対応しているのでノートパソコンなどにも充電可能。本体満充電からきれいに使い切れる感じがあって、とても安定した製品だ。高出力のACアダプタで充電するためか、この容量でも3時間程度で満充電になるのは助かる。唯一の欠点は、このバッテリー本体に充電するのに使う専用ACアダプタがものすごく大きくて重いこと。本体スペックがそれなりだから仕方ないのだろうけれど、バッテリー本体をUSBから充電することはできない仕様なのだ。


SoftBank ホワイトBB ADSL計測 [携帯電話/PHS/モバイル]

ホワイトBBホワイトBB

1月25日(月)、局内工事日のお昼前に宅配でホワイトBBのモデムが送られてきた。
トリオモデム3-G plus という機種のようだ。モデムの配送日時が指定できないのはマイナスポイント。ソフトバンクのスマホ1台につき500~2000円の割り引きが受けられるスマート値引きも細かいところまで条件を読むと大容量のデータ定額パックに加入していないと、2,000円の値引きにはならない。僕のように低価格のプランで工夫して運用しているユーザーにはほぼ無関係な割引きと言ってもいい。ホワイトBBは、メールアドレスやホームページスペースなどのサービスもつかない。僕の場合、レンタルサーバで独自ドメインをいくつも運用しているのでメールアドレスやホスティングサービスには困らないが、プロバイダのサービスと比較してしまうと見劣りしてしまう。
My SoftBankのホワイトBBの進捗状況が工事日の翌日になってもステータスが変わっていなかったが、翌々日になってSMSで工事完了のお知らせが届いて、My SoftBankの進捗状況も「電話局舎内工事完了」に変わっていた。課金開始は2月1日から。
NTTのフレッツ解除と同じように午前中に局内工事をしてくれているだろうと期待して送られてきたADSLモデムは工事日当日の午後一番でセッティングしてしまった。このホワイトBBのモデムもルータ機能があるようなので、自前の無線ルータ「PA-WR9500N-HP」は、フレッツの時と同じようにルータ機能は切ってアクセスポイントモードのままホワイトBBモデムに何も設定を変えずに接続してみた。ホワイトBBモデムのリンクランプが点灯しないのでまだ工事してないのかとがっかりしたが、数分待ってみると、リンクランプも点灯してインターネットに接続できるようになっていた。BBフォンのランプは5時間ほど待ってから点灯を確認するようにと説明にあったが数十分もたたないうちにいつの間にか点灯していた。
ADSL モジュラーホワイトBBのBBフォンは、普通の電話機でIP電話が使えるのが面白いね。フレッツADSLを利用するためにモデムと電話機をつなぐモジュラーを分岐してあるせいだと思うが、ホワイトBBモデムに電話機をつなぐとBBフォンの050番号宛ての電話は着信するが、今までの03番号宛ての電話が着信しないようだ。分岐しているNTT回線の従来のジャックに電話機をつなぐと03番号宛ての電話は着信するが、今度は050番号宛ての電話が着信しない。電話機をもう一台用意すれば二回線使える状態のようだ。
スピードテスト結果スピードテスト結果

フレッツADSLからホワイトBBに変更するにあたって一番心配だったのが速度だ。同じNTTの電話線を使って電話局からの距離が変わるわけもない…それでも速度が落ちてしまう要因はある。
さっそくインターネットのスピードテストで計測してみた。フレッツADSLの時は、NTT収容局から680mで伝送損失は10dBの条件でだいたい20Mbps程度。いくつか速度テストできるサイトで計測してみたが、ホワイトBBになってからは、平均的に24Mbps台が出ているので今のところはフレッツADSLより速くなったという結果に。
Ookla アプリ スピードテスト 先日購入したY!mobileのタブレット「MediaPad M1(403HW)」でもアプリで計測してみた(クリックで画像拡大)。上段がキャリアのLTE回線、下段がWiFiの結果だ。WiFiのほうがホワイトBB回線ということになる。ADSL8Mの時は、固定回線の方が携帯電話のLTEより安定していて速いと言っていたが、最近は、電波状況がよければ、さすがにADSLよりもLTEや4Gの回線のほうが速いようだ。携帯キャリア回線はどうしてもデータ量の制限があるので大きなファイルを時間をかけてダウンロードしてテストするのが難しい。
そういえば、自宅のADSL回線が使えなかった5日間に使った携帯キャリアのデータ量は、スマホ、タブレット、モバイルルータ合わせて5GB程度。自宅の固定回線が使える時は、一ヶ月でもモバイルはせいぜい2GB程度しか使わない。自宅のパソコンでは、動画や音楽を扱うのでいかにデータ容量を消費しているかということだ。今回のADSL回線の変更は、トータル料金も節約になっているし、今のところ回線速度も上がったので成功ということにしておく。

SoftBank ホワイトBB [携帯電話/PHS/モバイル]

フレッツADSL 大手インターネットプロバイダのサービスが相ついで終了しているとずいぶん前に書いたが、固定回線でプロバイダ経由でインターネットを利用するユーザーも減っているのかなと最近思う。スマホやタブレットなどでテザリング(パソコンなどをつないで利用するデータ通信)を利用できることも増えたので固定回線の必要を感じないユーザーも多いのではないだろうか。僕はインターネットの固定回線はフレッツADSLを利用しているのだが通信費の節約のために SoftBankのホワイトBBに変更することにした。
今まで利用していたNTTのフレッツADSL モアIII(47Mタイプ)の料金2,520円。
ただしこれは、電話回線がすでにある電話共用型でマイラインプラスとのセット割引き後の料金になる。
(参考までに電話共用型の通常料金は、2,800円でモデムレンタルの場合はさらに540円かかる。)
さらにプロバイダの料金が必要だ。OCNのADSL「フレッツ」料金は、税込み1,308円。
NTT+OCNで僕の場合は、3,828円がおおよそのトータル料金になる。
一方、ホワイトBBにすると、税込み2,036円。ここにはプロバイダ料もモデムレンタル料も含まれているので
3,828円(NTTフレッツADSL+OCN)と2,036円(SoftBank ホワイトBB)の差は、毎月おそよ1,792円節約になる。さらにホワイトBBにするとSoftBankのスマホ一台につき、毎月500~2,000円の割引きがある。
僕の場合は光回線がすぐに利用できない環境なのでホワイトBBにするが、今は最初から光回線が使えるようになっているマンションなども増えているので安易に変更せずにご自分の環境と相談したほうがいいと思う。

ADSLの設備工事は局内工事だけだろうと勝手に決め込んで、フレッツADSLの解約は後回しにして先に「My SoftBank」(SoftBankモバイルのユーザーページ)からホワイトBB にいきなり申し込んでみた。My SoftBank の申込みページには「新規申し込み」はこちらからとか「他社回線利用中のかた」とか特に振り分けもなかったからだ。
1月9日に申し込んだが、1月13日になって携帯電話にSoftBankからSMSでメッセージが来た。電話局内工事ができない状況なので詳細を確認の上、手続きが必要とのこと。メール内のリンクを開くと、利用中のDSL回線の種類と解約日(解除日)を登録するフォームがあった。ホワイトBB利用にあたっての説明でも先にあるのかと思ったが、やっぱり利用中回線の解約が先だったか。
1月14日、NTTにフレッツ解約の電話を入れると、女性担当者がめちゃめちゃ感じがよくて解約するのがためらわれる。特に光回線を勧められることもなく(笑)、とてもスムースに解約手続きができた。フレッツADSLの解約日は1月21日に決まったのでSoftBankの登録フォームにそれを記入。忘れないうちにプロバイダのOCNの契約も解約予約をウェブサイトからしておいた。アナログモデムでダイヤルアップしていた頃からつきあってきたOCNともついにお別れだ。

1月19日になってSoftBankから工事予定日は1月25日とSMSでメッセージが来た。ホワイトBB の契約状況や進捗状況は、My SoftBank のリンクからも随時確認できる。
1月22日、ADSLモデムの配送日1月25日とのメッセージがSMSで届く。同日、局内工事予定日のお知らせがハガキでも届いた。フレッツの解除日に当たる1月21日からADSLが使えなくなったので、5日間程度インターネット固定回線が使えないことになる。自宅の固定回線と言っても僕の場合は仕事場同然なのでインターネット回線が使えないのは不自由なのだ。この期間は、パソコンやiPodなどの端末は、モバイルルータの401HWと先日のタブレット403HW経由のデータ通信(テザリング)でインターネットに接続している。401HWと403HW二台あわせてパケットは、8GB使えるからなんとかしのげるだろう。最悪の場合は、スマホ WX04SHのPHS回線の使い放題もある。
このPHS/3Gのデュアル端末WX04SHとガラケーのSoftBank 945SHもそろそろ機種変更したいのだが、また格安キャンペーンが出るのではないかと手放すタイミングを図っている。ガラケーの方は、SoftBankの「スマホへ無料交換プログラム」が使えるのだが交換対象のスマホが旧モデルのAndroidと最小容量のiPhoneなのでもうしばらく様子を見てみたい…。


Y!mobile Huawei MediaPad M1(403HW) [携帯電話/PHS/モバイル]

WX04SH 「WX04SH が本体料金込みで2年間毎月2295円」
という破格のキャンペーンで契約した3Gスマホもあっという間に3年目をむかえてしまった。重いゲームアプリでも動かさない限りは、3Gでも十分だった。月1GBながらパケット料金も含まれているし、いざとなればPHS回線でのデータ通信であれば使い放題だったのでパケット料金を気にする必要もなく快適だった。W-ZERO3シリーズが消滅したことでWILLCOMもそろそろ解約かと言っていたが、Y!mobileになってからも破格のキャンペーンにつられてつなぎとめられている(笑)。
203Z 401HW 昨年2015年には、
「Pocket WiFiプランSを新規でご契約の場合は3年間月額2,480円」
というグッドタイミングなキャンペーンでモバイルルータの401HWを契約。なぜグッドタイミングかというと、それまで使っていたSoftBank 203Zの二年契約の更新月が来ていたからだ。こちらの 401HWは、一般的な月7GBのパケット料金が含まれている。さきほどのスマホと二台合わせても毎月5000円程度の料金。こうなるとスマホ一台に10,000円近く払う気にはならなくなってくる。
昨年末、Y!mobile から気になるキャンペーンがまた出ていた。
「加入月データプランS基本使用料無料
加入翌月以降、データプランS基本使用料より1,480円(税抜)割引
MediaPad M1(403HW)、またはBattery Wi-Fi MF855の機種代金一括0円」
ひとことで言うと毎月500円(税別)でタブレット(またはモバイルルータ)が使えるというもの。
税抜き500円の中に本体料金、月1GBのパケット料金が含まれている。MVNOの格安スマホを利用するよりはるかに安いということになる。Y!mobileのオンラインショップでは在庫が追加されると即売り切れという状態だったが、大晦日の時点で在庫が追加されていたので元日の早い時間に購入しようと思っていた。加入月の基本使用料が無料なので月初めに契約したほうが得だと思ったからだが、甘かった…。元日のお昼にはタブレットのほうはすでに完売になっていた。
403HW1月2日に中野ブロードウェイ(サンモール)まで出かけたのでY!mobileショップでダメ元で500円タブレットの在庫があるか聞いてみた。少しだけ在庫があるが明日まで保つかどうかというので即契約。毎月500円のタブレットじゃ性能に期待はしないが、SoftBank網のキャリアSIMが500円で利用できるのは大きい。個人的理由ではあるが、例の「都会の死角」問題があるからね。
「都会の死角」と僕が呼ぶ場所は、何度もこのブログで話題にしているが、都内渋谷の中心にもかかわらず、docomo、au、UQ WiMAX が圏外でまったく使えない特殊な場所なのだ。これも何度も話しているが、都内のビルの谷間の屋内では、意外にこういう場所は少なくない。ただSoftBankの4GやLTEがつながるようになった分、23区内では圧倒的に強かったPHSが最近つながりにくくなってきているのを感じている。いまさら設備増強はしないだろうから仕方ない。
403HW 正月にキャンペーンで購入したタブレット 401HW の話しに戻るが、モバイルルータなしでもインターネットに接続できるのは快適だ。僕の活動範囲ではやはりSoftBank網が安定している。今まで使っていたdocomo の「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」と比べると、解像度は、1280×800ドット(WXGA)と同じなのだが、液晶画面表示がくっきりしていない印象。microSDHC 32GB を入れておいたが、SDカードは背面のUSIMカバーを開けないと出し入れできないのが難点。
403HW403HW

格安タブレットとしてはテザリングやSoftBank Wi-Fiスポットにも対応しているし、メールやウェブサイトを見るくらいなら必要十分だと思う。MediaPad M1(403HW)と同じ機種なので、docomo dtab d-01G用の液晶保護シールとハードシェルケースを購入して使っている。


NEC LAVIE Direct HZ [ノートパソコン・サブノート]

LAVIE HZ モバイルルータの Pocket WiFi 401HW の記事でちらっと映り込んでいた新しいサブノート NECの LAVIE ZERO を紹介する。毎度のことながら購入するパソコンはメーカー直販モデルなので、正確に言うと LAVIE Direct HZ ということになる。写真に写っているパソコン本体以外の二つのパッケージは、キャンペーンで100円で販売していた500GBのポータブルハードディスクと32GBのUSBメモリ。
LAVIE HZLAVIE HZ

LAVIE Direct HZ の型番は、PC-GN246W3A5。Corei7-5500U、メモリ8GB、512GBのSSDを積んだ13.3型ワイドLED液晶の Windows 8.1モデルだ。本体の重さはなんと 850gで毎日持ち歩いても苦にならない。もっとも軽くなった時のLet's note や東芝RX1が出たときほどの感動はないのだが、今まで購入したサブノートの中ではVAIO typePをのぞけば最軽量。
LAVIE Direct HZ は、デザインがいかにもビジネスPCということも影響しているが画面サイズのわりに本体サイズが大きく感じる。カフェで開くには、11インチか12インチくらいのほうが個人的にはベストだと感じる。
最近はカフェでノートパソコンを開いているユーザーがビジネスマン以外でも増えたが、MacBook ばかりがやけに目につく。実際、無骨なLAVIE や Let's note よりも MacBook のほうが所有欲を満たしてくれるような気がする。今、この記事を書いているカフェでも10人ほどノートパソコンを開いているユーザーがいるが黒いパソコンは僕一人。あとはみんなリンゴのマークが見えている(笑)。
LAVIE Direct HZ は、解像度が特殊なのかアプリケーションによっては表示バランスがおかしくなる。2560×1440 の WQHD (Wide Quad-HD)というわりと新しく出てきた解像度らしい。 画面サイズに比べてアプリケーションのメニューボタンが極端に小さくなったり、ATOKを使う際の言語バーのテキストサイズが妙に大きかったり。使用上はまったく問題ないが見慣れたアプリケーションの画面が別物に見える。アプリケーション側がこの解像度に対応していないのだと思う。タッチパッドの位置と反応が今ひとつでタイピング中にカーソルが飛んでしまうことがまれにある。
パソコンそのものの動作は非常に安定していて完成度は高い。特にバッテリーまわりでは、急速充電対応とのことで従来のノートパソコンよりもかなり短い時間で充電できる。公称値9時間駆動であるが電源オフ時なら3時間で満充電可能。実際、ほぼ公称値通りの時間で充電できているので最初はほんとに満充電になったのか心配だった。
安いノートパソコンだと、バッテリー容量が半分くらいは残っていたはずなのに、いざ開いたら充電が空っぽになっているなんてこともよくあるが、この機種はそんなこともなく価格に見合った安心して仕事にも使える機種だと思う。

LAVIE HZLAVIE HZ

本体右側には、HDMI出力、ヘッドフォン・マイク端子、SDカードスロット、USB 3.0コネクタが二つ。本体左側には、盗難防止用ロック、電源コネクタ、電源ボタン。NECお得意のボリュームボタンを期待していたのだけど、このモデルには残念ながら付いていないらしい。電源コネクタが一般的なものと違って平べったい形状なのでACアダプタなどが使い回しできないのもちょっとだけマイナスだろうか。
EnergizerEnergizer

マウスは、Bluetoothのいいものが出ていないか探してみたが、最近はこれといったモデルがないみたいなので、何度か紹介しているプラネックスの「BT-MS01」を使っている。これも以前から紹介しているノートパソコンにも充電できるエマージェンシーチャージャー「Energizer XP8000」も一緒に持ち歩いているが、LAVIEの電源コネクタ形状が特殊なので念のために取り寄せしておいた。この Energizer シリーズは、コネクタやケーブルが適合しない場合は、一部有償になるが追加注文できるのだ。LAVIE Direct HZ も LAVIE Hybrid ZERO も「Energizer XP8000」の対応機種にはなかったのだが、旧機種の LAVIE Z に適合する変換チップ(コネクタ)とケーブルを注文した。このコネクタで問題なく LAVIE Direct HZ に充電できた。この「Energizer XP8000」は、本体への充電時間も早いし、それをきれいに使い切れる優秀な製品なのだが、専用のACアダプタがA4ノートパソコンのそれよりかなり大きく重いのが残念なところ。まあ、LAVIE本体の電源まわりが優秀なので、「Energizer XP8000」の出番はほとんどないと思う。

キャノンからエプソンへ EP-807AB [プリンタ・パソコン周辺機器]

エプソン EP-807AB.JPG 前回ここで書いたキャノンプリンタMG6330のエラーの件だが、しばらく印刷できていたのだが使わない時間が長くなるとまた同じエラーが出るようだ。インクカートリッジは前回交換したばかりなので6色ともたっぷり入っている。
印字もきれいに出ていたのでヘッドが詰まっているという感じでもない。やはりヘッドかインクカートリッジ自体に問題がある可能性が高い。インクも減っていないので試せることは限られてしまうのだが、ほぼ満タンのインクも一つ一つ外してセットし直してみる。前回同様、また普通にプリントできるようになった。
キャノンのコンシューマー製品の修理費用は、デジタルカメラをはじめ、今はほとんどが定額料金になっている。要するに故障個所や修理内容にかかわらず、ほとんどが一律料金に決まっているのだ。デジタル機器の進歩というのはめざましいものがあるので、こうなると新品に買い換えた方がメリットがあるケースが多くなる。2006年発売のモデル、MP810もiP4300もいまだに正常に稼働しているのだけれどね。
光学機器ではキャノンというメーカーをはずすわけにはいかないのだが、ここに来てコンシューマー向けインクジェットプリンタにおいてはキャノン製品を選ぶ価値を見出せなくなってきた。というわけでついにエプソンプリンタに乗り換えることにした。いつもの某ショップオークションで新品の EP-807 を一万円弱で購入できた。エプソンプリンタでも7xx番台のシリーズではだめで、807 や現行の 808 シリーズにこだわる理由は、前面の二段トレイにくわえて「背面給紙」があるからだ。キャノンはインクジェット複合機の最上位モデルでも背面給紙の機能を廃止してしまったのでそれだけでも大きなマイナスになっている。プリンタはエプソンと言えるかどうかはしばらく使ってみないとまだわからないが…。


またかキャノン…MG6330 [プリンタ・パソコン周辺機器]

ここのところのデジモノブログの流れから急にはずれるが、使っているプリンタ、キャノンMG6330 が突然不調になった。購入してからまだ一年ちょっとだと言うのに、
「サポート番号=B200 / 修理が必要なエラーが発生しました」というエラーがプリンタ本体の液晶画面に表示された。昨日…いや、さっきまで正常に印刷できていたのに。
いつものごとく、まずは電源をオフにして電源プラグをコンセントから抜いてさし直す。たいていの機器はこれでリセットがかかって直る場合がある。だが今回は改善しなかった。
マニュアルやウェブサポートを見てもこのエラーの場合は修理に出せとしか書いていない。補償期間の一年をすぎると最近のデバイスはけっこうな確率で故障する…(笑)。ソニータイマーという都市伝説を思い出すが、デジタル機器が壊れるのはソニーに限ったことではない。
こんな時は、個人ブログなどの中から信頼できそうなまともな情報を探してみる。ウェブ上の情報を精査してみると、どうやらこのエラーは内部的な故障というよりもプリンタヘッドがらみの可能性があるらしい。だが原因が特定できたとしても、最近のプリンタは、インクヘッドは交換出来ないものが多い。おまけにプリンタを起動してしまうと、エラー表示したところで停止してしまうのでインクヘッドを交換位置へ動かすこともできなくなってしまう。悩んでいても進まないので、ヘッドが無理ならせめてインクカートリッジを一つ一つセットしなおしてみようと決めた。
プリンタMG6330 の電源を入れたら、エラー表示が出る前にインク交換する時のように急いで操作パネルを開いてみた。ここで停止してしまうとお手上げなのだが…エラー表示が出る前なので、プリントヘッドが交換位置まで移動してくれた。これでインク交換ができる。インクが消耗しているインクタンクもつい先日交換したばかりのはずなのだがキャノンプリンタの場合は、ICチップの不良品を平気で販売していた前科があるからね(笑)。キャノンは、パソコンやデジカメでも同じようなことが過去に何度もあったので信用できないのだ。規模の小さいサードパーティーじゃないのだからこの姿勢はなんとかしてほしいものだ。
インクが残っている可能性もあるのだけど、とりあえずインクランプが点滅しているインクタンクを新しいものに交換してみた。操作パネルを閉じてしばらく待つがエラー表示は出ない。ためしに印刷をかけてみる…正常に印刷できた。その後もまったく問題なし。またインクタンクのICチップでもイカれていたのではと疑いたくなる。もちろんインクは純正品しか僕は使ったことがない。
MG6330 は電源を入れてから印刷準備に気が遠くなるくらい時間がかかることが多い。製品の個体差ではなくて、MG6330が潜在的に抱えている問題のようだ。キャノンの場合は不良というよりも意図的にインクの使用量が増えるようにしているとしか思えないというユーザーの声さえある。今回の件は、インクが詰まりやすい、なのにクリーニング作業がうまく行かなかったという感じだと想像する。エラー表示で停止してしまうので手動でのクリーニングは無理だからね。できることは、やはりインクタンクを交換してみるくらいしかなかったと思う。プリンタの大幅な仕様変更でもないかぎりは、次回買い換えるならぜったいキャノンは選ばないだろう。



カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック!カラオケ上達とピアノ弾き語りレッスンはこちら。



Y!mobile Pocket WiFi 401HW 都会の死角では… [携帯電話/PHS/モバイル]

Pocket WiFi 203Z 401HWSoftBank 945SH

Y!mobile(ワイモバイル) Pocket WiFi 401HW は、今まで使っていたSoftBank の Pocket WiFi 203Z と比較すると一回り以上小さい。重さは半分以下。
コンパクトで胸ポケットに入れておいてもじゃまにならないのはいい。だがバッテリー容量は、サイズ相応で1500mAh。前の 203Z は、給電も可能な5000mAhだった。
もしかして一回の使用時間も保たないのではと心配だったのだが、公称値の連続使用6時間程度は実際に使えたので安心した。内蔵バッテリは交換式なので契約期間中にへたっても新しいバッテリに自分で入れ替えられる。
あとは、SoftBank Wi-Fiスポットに未対応なのがユーザーによっては残念に感じるかもしれない。ただ、僕の場合は経験上、SoftBank Wi-Fiスポットに接続してしまうと速度が上がらないことが多かったので、これも善し悪しだと思っている。前の 203Z は、手動で接続回線を固定することができなかったので自動的にWi-Fiスポットに優先して接続してしまうのが不便だった。

401HW 4G401HW LTE

モバイルルータに関しては、契約期間の縛りや三日間で1GBのデータ量制限などに対して罠だの詐欺だのいまだに文句を言っている口コミも見かけるが、僕のように特定の電波網しか使えない環境にいるユーザーにとっては選択肢はない。docomo、au、UQ WiMAX が全滅、たよりのウィルコムもなくなった今、SoftBank のマルチネットワークにたよるしかないのだ。実際、SoftBank 傘下になる以前のイーモバイルのルータでは「都会の死角」でもかろうじて接続しているという感じで利用するにもかなりストレスがあった。SoftBankの電波網を利用する製品であっても、4G(AXGP) と 4G LTE(FDD-LTE) の両方に対応していないと現状では不安があるのだ。
さて、都内渋谷の「都会の死角」で Pocket WiFi 401HW は接続できたかどうか?
問題なく、4G バリ4 で接続できた。屋内の同じスペースでもモバイルルータの置き場所を少し動かしただけで LTE に切り替わる時もあるので、やはりこの場所は電波状況が微妙なのだと思う。WILLCOM(Y!mobile)の 3G よりもかなり速度も出ているのでストレスはまったくない。Pocket WiFi 203Z の時とまったく変わりないと言っていい。契約してよかった。
今になって気がついたのだが、 203Z にガラケーの 945SHが接続しづらかったのはハードがおかしかったのかも知れない…。なぜそう思うかという理由はここでは言わないが、ソフトバンクショップで契約に時間がかかったと以前に書いた。その時はシステムトラブルのせいだと思っていたが、思い出してみると、SIMカードを入れるのに異様に時間がかかっていた。それが関係していたかも知れない。今回の 401HW では、ガラケー945SH からWiFi接続できない状況は今のところ一度も発生していないのだ…。



カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック!カラオケ上達と弾き語り
レッスンはこちら。



前の10件 | -